2019SFC修行国内・PP単価5.4の狙い目路線が出ています

先日、8月末から発売開始となったANAの新運賃体系『ANA SUPER VALUE』。

発売当初は『プレミアムクラスのVALUEに空席が無い』『昨年より運賃が上がった』などの記事があちこちで散見されましたが、しばらくするとさすが空席予想運賃、大幅に値下がりし割安なものも出てきました。

特に、ANAのダイヤモンドやプラチナといった上級会員、スーパーフライヤーズ(SFC)を狙う、いわゆる『修行』向けのプレミアムポイント目的の搭乗に向いた『PP単価の良い路線』が続々と出てきています。

2019年にSFC修行を考えている方はチェックしてみてくださいね。




予約時の空席に連動する運賃

今回から変更となったANAの新運賃体系の中で、従来『旅割』として発売されていた航空券が『ANA SUPER VALUE』となり、発売開始の時期などに大幅な変更が加えられました。

このうち、もっとも安く発売される航空券が、搭乗75日前までの発売となる『ANA SUPER VALUE75』。以前の『旅割75』を踏襲した航空券となっています。

今回、空席連動型として発売開始時は『ANA SUPER VALUE 75M』となっていた運賃も、その後の予約状況などによって、さらに価格の下がった『ANA SUPER VALUE 75N』で発売される状況が出てきています。

東京ベースで見ると、1月は石垣

平日は基本片道9,990円・PP単価5.4

2019年1月、もっともPP単価が良い路線は1月の『羽田⇔石垣』路線となります。

1月の平日は基本的に『ANA SUPER VALUE 75N』で片道9,990円!!

PP単価としては、なんと5.4を叩き出しています。

もちろん、逆区間となる石垣→羽田も同額です。

画像は参考までに1月8日のものを出しましたが、この他の平日も基本的に片道9,990円がまだ多数残っています。

土日でも片道9,990円がある

平日に限らず、土日にも一番安い『ANA SUPER VALUE 75N』が設定されています。例えば、1月19日(土曜日)。

羽田→石垣への往路は、発売開始と同じ『ANA SUPER VALUE 75M』となり、13,290円での設定ですが・・・

復路については、『ANA SUPER VALUE 75N』で発売されています。

『ANA SUPER VALUE』利用の羽田⇔石垣往復で得られるPPは75%積算となり、往復合計3,672となります。よって、

・往復とも9,990円で手配できた場合のPP単価は5.4

・行きが13,290円、帰りが9,990円で手配した場合のPP単価は6.3

となります。

もちろん空席連動運賃ですので、予約が増えれば増えるほど価格は上がっていきます。東京ベースでSFC修行をお考えの方は早めの確保をお勧めします。

 

お役に立てましたら幸いです(՞ةڼ◔)☝