陸マイラー初心者でも簡単!!ANAマイルを貯める4つのポイント

陸マイラーとは

世の中には『陸マイラー』という人たちがいます。私もその一人です。

どんな人かと簡単に説明をいたしますと、本来、飛行機に乗らないともらう事が出来ない航空会社のポイント、すなわち『マイル』を、飛行機に乗らず日常生活の中で貯めてゆき、無料で飛行機に乗って旅行に行く人のことを指します。

この記事では

「陸マイラーを始めたい!!」

「陸マイラーのやり方を知りたい!!」

「初心者向けのマイルの貯め方を知りたい!!」

「年に何度か飛行機無料で旅行に行きたい」

「マイルを貯めるのは専門用語や手順が多くて難しい」

「手軽で簡単な方法を知りたい!!」

という、これから陸マイラーを始めたい方、ゆるく陸マイラーをやってみたい方向けに、マイルを貯めていくために簡単なな4つのポイントをお伝えしたいと思います。

 

 




ANAマイルは貯めやすい

マイレージ会員の仕組み

自分は東京在住ですが、年に2~3回、日頃貯めた『ANAマイル』を利用して沖縄に旅行に行くのが楽しみとなっています。
『ANAマイル』とは、ANAが運営するポイントの名前です。ポイント会員(マイレージ会員といいます)がANAの飛行機を利用すると、区間や運賃に応じた『マイル』がもらえます。
そして、『何マイル(ポイント)貯めたら、数に応じた行き先の無料航空券と交換しますよ』という特典があります。
このような特典がある『マイレージ会員制度』は様々な航空会社で行われています。
世界にはたくさんの航空会社があります。日本ですと、JAL,ANAの2つが規模も大きく有名ですね。
このうち、ANAはマイルが貯めやすい環境が多いこと、制度がわかりやすいメリットがあり非常にお勧めです。
よってこのブログでは、ANAマイルの貯め方を主に解説していきます。
 

飛行機に乗ってマイルを貯めるマイレージ会員

マイレージ会員の登録方法

ANAマイレージ制度に参加するには、まずANAのマイレージ会員になる必要があります。会員といっても年会費は無料、誰でも持つことができます。名前を登録するシステムのポイント会員制度です。

申し込みは簡単です。インターネットから簡単に作ることが出来ます。入力が終わり登録が完了すると、約3~4週間でANAからマイレージカードが届きます。

ANAマイレージカード

現在はこのQRコードタイプの会員カードになりました。

また、スマホアプリと連携して、航空券予約やマイルの残高をチェック出来たりします。

▼ANAマイレージカードはここから作れます(ANA公式サイト)▼

https://cam.ana.co.jp/amcmember/amcentry/AMCEntryFacade

貯めたANAマイルを無料の特典航空券に

マイルを貯めて交換することの出来る航空券のことを『特典航空券』と呼びます。

どのくらい貯めると無料の航空券と交換してもらえるの?という一例を載せてみます。

目的地までの距離によって必要なマイルの数は変わってきます。近ければ少なく、遠ければ多く必要です。

国内線の無料特典航空券の場合

国内線の場合は片道ずつの利用が出来ます。必要マイルは以下の通りです。

・東京(羽田)→大阪(伊丹) 6、000マイル

・東京(羽田)→札幌(新千歳)7、500マイル

・東京(羽田)→福岡     7、500マイル

・東京(羽田)→沖縄     9、000マイル

※利用する日によって必要マイル数は変わります。この表は通常期(レギュラーシーズン)です。

閑散期(ローシーズン)はこの表より少なくなりますし、繁忙期(ハイシーズン)は多くなります

▼その他の区間のマイル数・ローシーズン・ハイシーズンの日程はここから見れます(ANA公式サイト)▼

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/referance/tukau/award/dom/terms.html

レギュラーシーズンの沖縄であれば必要なマイル数は9,000マイルですから、往復で18,000マイルが必要です。

続いて国際線をみてみます。

国際線の無料特典航空券の場合

ANA国際線特典航空券

国際線は、大陸や地域を『ゾーン』に分けて、必要マイル数を決めています。

例えば、『ゾーン2』のソウルであれば、レギュラーシーズンのエコノミークラス往復で15,000マイル、『ゾーン6』の北米エリアであれば、レギュラーシーズンのエコノミークラス往復で50,000マイルとなります。

▼国際線その他のゾーンのマイル数・ローシーズン・ハイシーズンの日程はここから(ANA公式サイト)▼

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/award/int/usage.html

 

なお国際線はルールが異なります国内線は片道分ずつの利用が出来ますが、国際線の場合は必ず往復です。

特典航空券の取り方も簡単です。ANAのホームページの会員画面やスマートフォンアプリから、日にちや出発地、行き先などを入力するだけです。

マイルの有効期限は36ヶ月=3年

そして、注意しなくてはいけないことがもう一つ。

マイルには期限がありますあなたのANAのマイレージ会員のマイル口座にカウントされた月から36ヵ月後の月末、つまり3年で失効します。ですので、延々と貯め続けることはできません。使うべき時に使いましょう。

ここまではマイルの基本的な部分、誰でも無料でマイレージ会員になることが出来てマイルを貯めることが可能、そして無料の航空券『特典航空券』をもらう事が出来る、ということまでを説明しました。

しかし、『陸マイラー』となると普段は陸=飛行機に乗っていません。

これではANAマイルを貯めることはできません。ならばどのように貯めるのでしょうか。

陸でマイルを貯めるその1・ANAカードを持つ

マイルが貯まるクレジットカード

そこで、航空会社が提携しているクレジットカード『ANAカード』を持つことによって、飛行機に乗らず、普段の買い物などでマイルを貯めることが出来るのです。

日頃の買い物などでクレジットカードである『ANAカード』を利用することにより『ANAカード100円利用あたり=0.5~2マイル』と効率よく貯めることができます。

ANAカードは全て年会費のあるクレジットカードで有料ですが、クレジットカードならではの保険や特典もあるので、損はないでしょう。

クレジット以外でもマイルが貯まるプリペイド・デビットカード

また、クレジットカードに抵抗があったり、何らかの事情で持つことが出来ない方は、クレジットカード同様の使い方が出来る『ANAプリペイドカード』を利用して貯めていくことも出来ます。

クレジットカードだけではマイルを貯めるには不十分

さて、クレジットカードやプリペイドカードで例えば東京から沖縄までの往復、18,000マイルを貯めるとなると、還元率が100円=1マイルのANAカードであれば、180万円分利用しないと得ることが出来ないマイル数です。

年間でみれば、支払いを全てカードに集約すれば180万円の利用は不可能ではないんでしょうが、年に1回が限界でしょう。これでは当然ながら2~3回なんて無理です。

そこで、この後に続く『マイルを貯めるその2、その3』を組み合わせていきます。

陸でマイルを貯めるその2・他のポイントは全部ANAマイルに

ポイントを全てマイルへ集約する

その方法とはまず、日頃生活の中にある身近なポイントです。

代表的なもので『楽天ポイント』『Tポイント』『NANACOポイント』。貯めている方もいらっしゃるかと思います。これらのポイントは全てANAマイルに交換が出来ます。

Tポイント ANAマイル交換

TポイントをANAのマイルに交換するスマホ版画面。交換するTポイント数とマイレージ会員番号を入力するだけで完了する

以下は、ポイントをマイルを交換した場合の交換率です。

・楽天ポイント 2ポイント→1マイル

・Tポイント    2ポイント→1マイル

・ナナコポイント2ポイント→1マイル

ポイントとマイルの2重取りが基本

普段利用するコンビニでの買い物を例に取ってみます。

クレジットのANAカードで支払いをし、さらにTポイントカードでTポイントを貯めることによって、ANAクレジットカードに貯まるマイル+Tポイント(ポイントの二重取り)で効率よく貯めることが出来ます。Tポイントもマイルの元となる原資です。

基本的に、どのポイントも2ポイント=1マイル、となります。200円で得られるポイントが1マイル、ということになります。

 

楽天ポイントやNANACOポイントも同様に、ANAマイルにするため貯めていきます。これを日頃からどんどん積み重ねていきます。

陸でマイルを貯めるその3・ポイントサイトでANAマイルを貯める

ポイントサイトとは

『ポイントサイト』は、サイトを経由して買い物や銀行口座、クレジットカード、ホテル、各種会員などを申し込むとポイントが貰える、というサイトです。

この『ポイントサイト』で得たポイントを最終的にANAマイルにすることが出来ます

ちなみに、ANAマイル以外にも現金や電子マネーにも変えられますし、例え陸マイラーをしていなくても使ったほうが家計の節約にもなります。

そのポイントサイトですが、1~3つまでにした方が良いでしょう。

あまり数多くのポイントサイトをやった場合は管理が大変です。ポイントも分散しますし、最低交換ライン(300~500ポイント)に達しないと、ANAマイルに移すことも一苦労。

そして、悪質ポイントサイトも少なからず存在するのも事実ですので注意が必要です。

私が利用しているのは「ハピタス」「ちょびリッチ」の2つだけに絞っています。

ポイントサイトのポイントをANAマイルにする簡単な方法はこちら

おすすめのポイントサイト・ハピタスについてはこちら

危険なポイントサイトについて、実例を挙げて解説しています

陸でマイルを貯めるその4・実はあちこちにマイルは転がっている

マイルになるサービスを積極的に利用する

最後の4つめは、世の中のサービスにはマイルになるものが多数あるんです。例えば・・・

クチコミサイトでクチコミを書くとマイルが貰えたり。

電車に乗ると、マイルが付いてくるきっぷがあったり。

普段ポイントが付かないはずのタバコなども、実はマイルが付いてきたり。

月に一回の外食や、友人との居酒屋の利用でも。

美容室や床屋の利用でも、年に5,000マイルは可能です。

映画を観てもマイルを貯めることが出来ます。

 

特別なことはせず、いつもの暮らしにたった一手間を加えてみたり意識をしてみるだけなんですね。

 

この4つを実践することで、年間8~10万ANAマイルがみるみるうちに貯まっていきます。

 

ANAマイルの簡単な貯め方まとめ

・ANAマイレージ会員になる、ANAカード(クレジットカード)を作って貯める

・楽天ポイント、Tポイント、NANACOポイントなどのポイントは全てANAマイルに変えて集約する

・ポイントサイトを利用してANAマイルを貯める

・世の中には、マイルになるものがたくさん転がっている

いかがでしたでしょうか。特別なことをしなくても、簡単にマイルって貯めることが出来ることがお分かりいただけたかと思います。ぜひ挑戦してみてくださいね。

この他にも、このブログではマイルを獲得するための様々な方法を書いておりますので、ぜひお試しください。

 

参考になれば幸いです(՞ةڼ◔)☝

関連記事