複数のANAカードに貯まったマイルを1つにまとめる方法は?

メインとなるANAカードを利用していたら、ある日別ブランドのANAカードで新規入会キャンペーンが行われていたとします。

その特典の内容がものすごくあなたにとって魅力的であった場合、申し込みをしたくなるものです。果たしてANAカードを2枚持ちすることが出来るのか、そのANAマイルを1つにまとめることが出来るのかどうか。

今回はその疑問と、解決策を書いてみたいと思います。




ANAカード複数枚持ちは可能

結論を先に書いてしまいますが、ANAカードを2枚持つことは出来ます。

さらに書いてしまうと条件を満たしていれば、年会費はもちろんかかりますが最大9枚を持つことも可能です。

最終的に1つのANAマイル口座へANAマイルを統合することが可能ですので、安心して読み進めてください。

では、ANAカードを複数枚持つための条件とその方法を見ていきましょう。

ANAカードを複数枚持つためのルール

複数枚持つことが可能なパターン

①違うカード会社で複数枚

ANAカード 複数

現在、ANAカードは三井住友カード、JCB、ダイナース、アメリカンエキスプレスの4社から発行されています。

この4社のカードを、それぞれ1枚ずつ持つことは可能です。

②同じカード会社で複数枚

ANAカード 複数

同じ会社同士で複数のANAカードを持つ場合は、それぞれのANAカードの機能が重複していなければ可能となります。交通系ICカードとANAカードが一体型になっているものなどがOKです。

複数枚持つことが出来ないパターン

①違うカード会社で複数枚

ANAカード 複数

持つことが出来ないパターンは、ANAカードではありませんがSFCは複数枚持つことが出来ませんので1社のみとなります。

②同じカード会社で複数枚

ANAカード 複数

同じカード会社で複数枚のANAカードを持つことが出来ないパターンは、一般とゴールドの組み合わせのように、グレードが違うもの同士は持つことが出来ません。

複数枚のANAカードのマイルを1つに

複数枚のANAカードのマイルを1つにまとめる方法は、インターネットから登録することが出来ます。

ANAカードにメインカードとサブカードの紐付けをする

選択した1つのマイル口座(メインカードといいます)に複数のANAカードを紐付けすることにより、マイルを統合することが出来ます。

つまり、サブのANAカードで得たマイルは自動的にメインカードのANAカードに付与されるということです。

ただし、ANA利用時はメインカードのステータスが対象となるため、搭乗する場合は必ずマイル付与が増量対象カードのゴールドやプレミアム、SFCなどをメインカードに設定しておかないと、一般カードの積算率で付与されてしまう場合がありますので注意する必要があります。

メインカードとサブカードの機能の差

また、メインカードに出来てサブカードに出来ないこともあります。

特典航空券の予約や国際線の予約、skipサービスなどもメインカードのみで利用出来ます。サブカードのマイレージ番号で申請や購入が出来ませんので注意が必要です。

新しくANAカードを申し込む時に注意

ANAカードの申し込み欄の中に、『現在お持ちのANAマイレージ番号』を記入するフォームが必ずあります。

ANAアメックス作成の回に少し触れていますが、この時にマイレージ番号を入れると、新しく作るANAカードが自動的にメインカードとなるシステムです。

現在、すでにANAゴールドやSFCカードなどを持っていて、さらにANAカードを作る際には必ず空欄にして申し込み、カード発行後にインターネットから紐付けをしましょう。その方がわかりやすいです。

インターネットでの登録方法

さて、ここからは実際にインターネットでの登録方法を実際の画像を使用して説明していきます。

まずはANA公式サイトの『マイル口座統合・パスワード変更』ページへ進みます。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/procedure/pw_change.html

▲マイル口座統合・パスワード変更(ANA公式サイト)▲

ANAカード 複数公式サイトから入り、下のほうにある『マイル口座統合のお手続き専用フォーム』へ進む

ANAカード 複数

ANAマイレージ番号とパスワードを入力してログインする

ANAカード 複数

 

ログインが完了すると、名前とメールアドレスの欄はすでに入力が済んでいるかと思われます。

『お持ちのカードのお客様番号』はサブカードとして登録するカードのANAカードのマイレージ番号を入力します。『メインで利用するお客様番号』にはメインカードにしたいANAマイレージ番号を入力です。

一度に手続きできるのはサブカード3枚、メインカード1枚です。

ANAカード 複数

念のためですが、入力するのはクレジットカード番号ではなく10桁のANAマイレージ番号です。間違えないようにしてください。

以上の手続きにより、メインカードとサブカードの紐付けが完了となります。

 

ANAカード複数枚持つ方法のまとめ

・ANA搭乗時のサービスやマイル付与はメインカードが対象となるため、一番マイル付与率やステータスの高いカードを必ずメインカードにしておくこと

・マイルを使った特典航空券や国際線航空券の購入などはメインカードのみが利用出来る

普段の買い物や決済などはどのサブカードでも大丈夫なので、状況に応じたANAカードで決済する

以上となります。お役に立てれば幸いです(՞ةڼ◔)☝

関連記事