石垣島から波照間島へ日帰り②・幻の泡盛泡波を入手せよ!!

幻の泡盛『泡波』をご存知でしょうか。

波照間島で造られる泡盛『泡波』は流通量が極めて少なく、入手困難と比喩される泡盛の代表格です。

今回は、石垣島から日帰りで波照間島へ渡り、この泡波を入手する必勝法を、画像を交えながら実際の手順をコッソリお教えします。

※この記事は泡波の転売を助長するものではありません。転売目的の方の閲覧はお断り致します。




幻の泡盛・泡波とは

波照間島で造られる少量生産の泡盛

泡波 購入 波照間

泡波は波照間島にある『波照間酒造所』で造られている泡盛で、元々は波照間島民のために造られている泡盛です。地下水を使用したこの泡盛は他と違い、クセが少なく飲みやすい風味であり評判も高く、ファンもかなり多くいます。

しかしながら完全少量生産のため非常に流通量が少なく、波照間島外では一般の酒屋や小売店に並ぶことはありません。このため、『島の外に出れば値段が一桁上がる』というのはもはや当たり前となっており・・・

泡波 購入 波照間

波照間島では、定価460円の2合瓶が・・・

泡波 購入 波照間

石垣島(新石垣空港の売店)の時点で5,150円で販売されているのを見れば、その稀少さはお分かりいただけるでしょう。

いくら稀少といっても、さすがに高価となってはなかなか口に出来ません。そこで、何としても定価で販売されている波照間島で泡波を入手したい!!となるわけです。

泡波 購入 波照間

これは泡波を生産している『波照間酒造所』さんの公式サイトにも明記されていることですが・・・

泡波 購入 波照間

小売価格は波照間酒造所さんのサイトに載っていますので、購入する際は確認をされることをオススメします。

http://awanami.net/

▲泡波・波照間酒造所さんのサイト(公式)▲

泡波を定価で購入できる場所

酒造所直営・泡波酒店

泡波 購入 波照間

現在、波照間島内で泡波を定価で購入可能なのは酒造所直営店となる『泡波酒店』となります。なお、訪れても製造状況によって在庫が無い場合もあるため、こればかりは運といわざるを得ません。ゆえに『入手困難』『幻の泡盛』なのですけども。

営業時間は朝9:00~昼12:00まで、午後は14:00~17:00となっています。日曜日が定休日です。

なお、営業時間の変更の可能性があるため、訪れる際は最新の情報をご確認ください。

波照間島内の共同売店

波照間島内には4ヶ所の共同売店があります。在庫の状況はその都度変わるため、売り切れの場合もあります。

以前は『○○売店の方が入りやすい』など噂があったんですが、見た感じはあまり差はないような感じです。

波照間船客ターミナルの売店

泡波 購入 波照間

波照間船客ターミナルには、2つ売店があります。このうち、安栄観光のカウンター横にある方の売店、島の老人会の方々で運営している売店『あがでくに』に、わずかではありますが泡波が置いてあることがあります。

灯台元暗しではありませんが、泡波酒店、島内の共同売店に置いていなかった場合、念のため覗いてみるというのが良いと思います。

泡波入手作戦実行へ

それでは、私がいつも泡波を入手する必勝パターンを書いてみたいと思います。

前日から波照間島へ宿泊している人たちが圧倒的に有利なこの状況下で、石垣島からの1便目の船で泡波をゲットするまでの必勝パターンの流れをどうぞご覧ください(笑)

2018年6月某日、戦いの火蓋は切って落とされた!!

ぱいじま2の出口を見極める

泡波 購入 波照間

実は波照間港へ到着する前からすでに戦いは始まっているのです。旧型の高速船であれば平屋なので出口は1ヶ所ですが、2017年から就航した『ぱいじま2』は、波照間では干潮時と満潮時で1階と2階の出口が変わります。

そこで、事前に到着時間が干潮か満潮かを確認しておき、判らなければ到着前に船員さんの動きを観察したり、余裕ありそうであれば出口が1階か2階か尋ねても良いかもしれません(もちろん急がしそうであれば声を掛けるのはダメですよ)。

船を降りたら一目散にみんなダッシュ

船が接岸し、タラップが渡されると下船ですが・・・ある場所を目指して急ぎましょう。これ、冗談ではなく先頭集団(本気で買うことに燃えている方々)はマジで走っちゃってます。

泡波 購入 波照間

目的地はただ一つ。波照間船客ターミナルの前の坂を上ったところにある『レンタバイク・オーシャンズ』さんです。

泡波 購入 波照間

距離にすれば約150~200メートル程度です。なぜ皆オーシャンズへ急ぐかというと、バイクを借りるまでに受付で時間がかかるからです。

泡波 購入 波照間

先頭の3~4人ですと受付がサクサク進むんですが、それより後は申込書を書くボード(紙を挟むやつ)が無いため、前の人が書き終えるまで待つことになります。

書き終わったら免許書をデジカメで撮影して、といった感じで、後からどんどん船から降りてきた人たちで溢れかえり列は伸びていきます(爆)

波照間島内はそれなりに坂のアップダウンがあるほか、夏場はかなり暑いです。よって50ccの原付バイクか、2人乗りをするならば(※二輪免許で取得後1年以上経過が必須です)90ccのホンダ・リードを借りるのが最善策といえます。

レンタバイクは6時間の利用で50ccが2,500円、90ccが3,500円です。予約をしたほうが確保は出来ますが、貸し渡しの順番が早くなるというわけではないので、予約していても結局は急ぐことになるんですけどね(汗)

http://hotel-oceans.businesscatalyst.com/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB-rent-car.html

▲レンタカーオーシャンズさんのサイト(公式)▲

ただ、島内周遊や、このように泡波が欲しい!!というわけではなく、ただニシ浜に行くだけであれば自転車でいいと思います。また、泡波に興味の無い方は、他にもレンタバイクのお店があり船の前でお迎えが来ています。

泡波入手にこだわらない方は、のんびりとした時間をお楽しみください。

レンタバイクは安全運転で

さぁ、この日は3番手でレンタバイクを借りることが出来ました。

島内の道は狭いですし、ヤギなどの動物も歩いていますから安全運転でお願いします。約5分で泡波酒店へ到着です。

泡波酒店へおじゃまします

その日によって入荷量が異なる

泡波 購入 波照間

というわけで、無事泡波酒店に到着。その日によって、入荷と販売量が異なります。

この日は2合瓶が1人1本まで、ミニボトルは制限なし。先ほど波照間船客ターミナルの先頭ダッシュの方は、先に着いていてすでにお買い上げ。自分もラスト1本の2合瓶と、購入制限なしのミニボトルを10本購入。

3番目に出発しても、2合瓶は最後の1本。

入手難易度がお分かりいただけたかと思います。

泡波 購入 波照間

ちなみに瓶のサイズは一升もあったりするんですが、島内で売っているのを見かけたことがないです。ミニボトルや枡枡半升(4.5リットル)はあるんですけどね。

泡波 購入 波照間

店内では、泡波のグッズもあったりします。オススメなのがこのTシャツ!!もちろん私も買いました。

これで石垣島に戻って、ユーグレナモールあたりに大量にいるオリ○ンビールのTシャツを着ている観光客の中を、この泡波Tシャツでさっそうと歩く!!通!!これが通というものだ!!(と勝手に思ってる)

なお、泡波酒店ではクレジットカードは使えません。現金のみですのでご注意を。

波照間郵便局からゆうパックで送る

ある程度本数が買えたら送るのが賢明

さて、無事に泡波を購入できても、問題なのがどうやって持ち歩くか。やはり瓶ものです、割れてしまうかもしれない。そこで、波照間島内の郵便局から自宅へゆうパックで送ってしまう、実はこれが一番楽なのです。

近くの波照間郵便局へ

泡波 購入 波照間

泡波酒店のすぐそばに波照間郵便局があるので、ここから送ります。入り口に置いてある手描きのヤギの看板がかわいいです。

泡波 購入 波照間

そうです、皆同じことを考えているんです。波照間郵便局には、お酒を送るための梱包材がちゃんと用意されています(箱は有料です)。また、郵便局のご好意で、クッション材や新聞紙などを用意してくださる場合もあるので、心配は不要ですね。

泡波 購入 波照間

なお余談ですが、波照間郵便局にはATMが設置されています。銀行系のカードも利用可能なので、島内で困った際は郵便局、と覚えておくと良いでしょう。

というわけで今回は幻の泡盛『泡波』の入手作戦でした!!本当に美味しい泡盛ですので、機会がありましたら一度ぜひご賞味ください。

なお、急ぐあまりに降りた船から走ってケガなどの無いよう、島内の道を危険な運転をすることがないよう、くれぐれも安全に関してのご配慮をお願いいたします。周りの方へのご配慮も忘れずに。

万が一、ケガや事故を起こされても責任は一切負いかねます。

波照間への旅を計画されている方のお役に立てれば幸いです(՞ةڼ◔)☝

関連記事

【最南端・波照間島シリーズ】

▲第1回『波照間島へお得に出かけよう編』はこちら▲

▲第3回『ニシ浜と秘密のビーチを巡ろう編』はこちら▲

▲第4回『レンタバイクで島ランチと景色を楽しむ編』はこちら▲

【最西端・与那国島シリーズ】

▲第1回『与那国へのアクセス編』はこちら▲

▲第2回『与那国の絶景と裏グルメを求めて編』はこちら▲

▲第3回『与那国馬と海馬遊びを楽しんでみた編』はこちら▲

▲第4回『泡盛最高度数度何・花酒をもとめて編』はこちら▲