お得に楽しむ沖縄アクティビティ5選!!あのスケルトンカヤックもあるよ

例年、6月末頃に梅雨が明けると、夏シーズン真っ盛りになる沖縄。

沖縄へ遊びに行ったら、海遊びやマリンスポーツなどのアクティビティを楽しんでみたい!!と考えていらっしゃる方も多いと思います。

今回は、お得にマイルを貯めつつ沖縄のアクティビティを楽しむ方法と、アクティビティのオススメなどを書いてみたいと思います。




沖縄本島のアクティビティ

アクティビティのメッカは恩名や宜野湾付近

沖縄本島のアクティビティが多くある場所はリゾートホテルの並ぶ恩名や、船が出航しやすい宜野湾を中心に数多くあります。

その他にも若干ショップの数は少なくなりますが、那覇市周辺や北部の名護市付近にもあります。沖縄本島の西側に集中して多い、という感じでしょうか。

アクティビティのお得な予約方法

アクティビティ検索サイト

アクティビティの行うお店を探すには、『ASOVIEW!!』『そとあそび』『じゃらん遊び・体験』などのアクティビティ検索サイトから探すことが出来ます。

どのサイトもジャンルや場所別に分かれていますので、内容や時間、価格などを比較して、そのまま予約することが可能です。

ポイントサイト経由で予約

インターネットで予約や購入をするサービスですので、もちろんポイントサイトに広告案件としてあります。

ポイント付与率は0.5%~3%、ポイント付与までの期間が1ヶ月~7ヶ月とポイントサイトや広告案件によって幅がありますが、もちろんマイルの原資ですから次の旅行のためにも(!?)ちゃんとポイントサイトを通して予約しましょう。

なお、アクティビティのお店はクレジットカードが利用出来るお店も一部ありますが、現地現金払い、というお店がまだまだ多くありますので注意が必要です。

夏休みに入ると混んで予約が取れないものも

人気のあるアクティビティや、定員制のコースなどは早々と予約が埋まってしまうものも多くあります。

ホテルのビーチなどで運営しているアクティビティは当日飛び込みで参加可能なものもありますが、他と比べ少々割高なものが多くなっています。

もし、あらかじめ『○○がしたい!!』と目的があって旅程が決まっている場合は、繁忙期ですので早めの予約をオススメします。

旅のスケジュールも立てやすく、時間に無駄なく過ごせますよ。

沖縄おすすめアクティビティ

家族で楽しめるカヤック

<ANA国内線 旅割 「スケルトンカヤック」 篇(30秒Ver)https://www.youtube.com/watch?v=LEiLnGw9YPoより引用>

カヤックの船体が全て透明になっているタイプがANAのCMに登場したスケルトンカヤックです。全ての部分が透明のカヤックあるの、実は私知らなかったんですよ。カヤックの底だけ透明になってて海中が見える、っていうのは結構前からあったんですけども。

<ANA国内線 旅割 「スケルトンカヤック」 篇(30秒Ver)https://www.youtube.com/watch?v=LEiLnGw9YPoより引用>

沖縄本島でスケルトンカヤックはどこで乗れるんだろうと思って調べてみたら、実はANA万座インターコンチネンタルホテルの近くでした(笑

『ヤドカリ島』という、カヤックやシュノーケリングのアクティビティで良く使われる小さな島があるのですが、そこに向かうツアーのメニューにあります。

ヤドカリ島には一度行ったことがありますが、沖縄本島でも海が本当にきれいな場所にあるのでオススメです。遠浅のリーフの内側にある島なので波も穏やかで安心ですね。

参加可能年齢も2歳から参加することが出来るので(漕ぐのは大人ですが)、小さなお子さんのいる家族連れでも楽しむことが出来るアクティビティです。

なお、ショップによって呼び方が違うようで、スケルトンカヤック、シースルーカヤックと名前が2種類あるようです。

他にも、スケルトンカヤックではありませんが、マングローブの森を巡るカヤックツアーや、星空の下を行くナイトカヤックなど、たくさんのツアーありますので、目的と時間でお好みのコースを探してみてください。

空中散歩パラセーリング

<そとあそび https://sotoasobi.net/activity/parasailing/10 より引用>

こちらは船で引っ張るパラグライダーで空中散歩を楽しむアクティビティです。

ロープの長さで料金が変わってきますが、初めての方は50mあたりから試して乗ってみるとよいと思います。意外と高く感じますよ。

経験者の方は、100m、200m(!!)というロープ長のコースもあります。ロープが200mの場合は高さ100m近くになります。怖くない方はトライしてみてはいかがでしょうか。

時間は空中で20~30分、トータル1時間前後というコースが多くあります。

普段搭乗している飛行機もいいですが、肌で感じる高いところも楽しいですよ。

体験ダイビング

半日ほどの時間となりますが、手軽に体験ダイビングを楽しむことが出来るアクティビティが多いのも沖縄の良いところ。

体験ですので水深5~6m程度の場所となりますが、キレイなサンゴや海の生き物を観察することが出来る楽しいアクティビティです。

最初はスタッフの方にレギュレーター(口にくわえる部分)を使っての呼吸の仕方や、機材の使い方などを教えてもらい、終わってからポイントへ移動してダイビングという感じになります。

なお、ダイビングをした当日は飛行機に乗ると血栓症を起こす可能性があるため、搭乗当日のダイビングは出来ません。必ず滞在の真ん中の日程でスケジュールを組むようにしましょう。

グラスボート遊覧

小さなお子様がいらっしゃるご家庭や、ご高齢の方も一緒の家族旅行でも沖縄の海を楽しめます。

船底が透明になっている船でサンゴの海を遊覧するコースで、透明度の高い海の海中を船に乗ったまま見ることが出来ます。

グラスボートの難点がひとつ。ずっと海底を見ていると、船に弱い方の場合酔ってしまうことがあります。船酔いに自信の無い方は酔い止めを忘れずに。

マリンジェットアクティビティ

ショップの方に操縦してもらい、バナナボードやチューブ、また無人島ツーリングなどのメニューを楽しむアクティビティです。チューブはバランスを取るのが難しいですが、きっとスリリングな体感を楽しめるでしょう。

ちなみに余談ですが、ビーチで見ていてこれをやっているのがあまりにも楽しそうで、私自身も乗ってみたくなりまして。マリンジェットに乗ったところハマってしまいました。

しまいには自分で操縦したくなり、船舶免許を取ってしまったという経緯があります(実話)

船舶免許が必要ですが、マリンジェットを借りて遊んだ時のお話はこちら。

この他にもまだまだ楽しいアクティビティがたくさんあります。楽しい沖縄の思い出作りにぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

お役に立てれば幸いです(՞ةڼ◔)☝

関連記事

【沖縄アクティビティ】

青の洞窟と残波岬へ!!沖縄でレンタルマリンジェットで遊ぶ

【沖縄離島記事シリーズ】

ウミガメに会いにいこう!!那覇から日帰りで楽しむ慶良間・座間味島

おすすめ!!竹富島で水牛車とレンタサイクルをお得に楽しもう

聖なる島・神秘の久高島を日帰り最速2時間で巡る旅

【陸マイラー・沖縄関連記事】

沖縄への飛行機代を無料にする陸マイラーのやり方はこちら

ツアーパックの裏技を利用したお得な往復航空券の入手方法はこちら

ANAマイルでさらに沖縄へお得に行く方法はこちら

アクティビティをお得にするポイントサイトについて