沖縄の道路は滑りやすい?沖縄の知られざる危険な道路事情

沖縄でレンタカーを借りた時に、注意事項としてよく伝えられるのが『沖縄の道路は滑りやすいので、安全運転でお願いいたします』というのがあります。

と言われましても、そもそもなぜ滑りやすいのか疑問ですよね。

今回の記事は楽しい旅行にするためにも、レンタカーを利用する方に道路の特性を掴んで頂いて、また沖縄特有の道路事情をなんとーなく片隅に置いておいていただけたら、というお話です。




沖縄の道路が滑りやすい理由

沖縄 道路 滑る

道路の元になるアスファルトが違う

まず、舗装のために使用するアスファルトの原料が本州のように砕石ではなく、サンゴ礁が原料の琉球石灰岩が使用されています。

石灰岩の柔らかい材質で、元から路面の抵抗力が違うんですね。さらに追い討ちをかける原因が強烈な日差しで劣化が早い点、海沿いの道路が数多くあるため塩の結晶が堆積し、さらに車側も塩害でタイヤの傷みも早い。

さらに雨の日は滑りやすさが倍増する・・・こういった複合要因が原因で滑りやすくなる、と言われています。

なお、高速道路となる沖縄自動車道、那覇空港自動車道はさすがにこれでは危険なので、本州から運んだ石を原料とした舗装になっています。

那覇市の交通事情

朝と夕方の那覇市内はスクーターやバイク天国

沖縄は鉄道が『ゆいレール』のみの基本車社会です。

朝の那覇市内は、国道58号線や那覇に通じるほとんどの道路が渋滞します。公共交通は依然としてバスが強いため、3車線道路などでは一般車の通行が出来ないバス専用レーンが設けられています。

このため、渋滞知らずなスクーターやバイクの台数もかなり多いです。が、このレーンをかなりのスピードでかっ飛ばしていくスクーターやバイクが多く、右左折やわき道などに入る際は慎重に行かないと危険です。

正直沖縄本島の交通マナーは良いとはいえない

また、スクーターやバイクは渋滞で止まっているところを四方八方からすり抜けていきます。

 

東京や大阪などの都市部で慣れている人にとっては気にならないかもしれませんが、普段運転する機会がない方がレンタカーなどでこの渋滞に巻き込まれると、正直怖いでしょう。

外国人のレンタカー問題

時折、地元紙(琉球新報や沖縄タイムスあたり)に取り上げられるネタですが、外国人のレンタカーによる事故やトラブルも深刻です。

日本で免許を取っている以上は最低限の交通ルールはわかっている、という体で免許を持っているわけですが、外国人の方はやはりよくわかっていないのか、車道に車を放置してどこかに行ってしまったり、車線を間違えて逆送したり、さらには最近『偽造免許証』で運転するケースも出てきているようです。

もうこちらとしてはどうしようもないことですが、周りに注意して、逆送してきても安全に避けたり止まれるような速度で走るなどするしか無さそうです。当然といえばそうなのですけれども。

沖縄県警も対策として、沖縄県内にある標識などを日本語と外国語併記にする対策を発表して取り掛かっていますが、まだまだ時間はかかりそうです。

なお、こちらが記事です。実態を知るご参考までに。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-558965.html

▲外国人観光客のレンタカー事故が急増 昨年度9648件 左側走行不慣れなどで(琉球新報)▲ 

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/254169

▲中国人観光客、不正な国際運転免許証か 沖縄でレンタカー使用(沖縄タイムス)▲

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/152636

▲外国人ドライバーにも分かりやすく 道路標識を英語併記へ 沖縄県警(沖縄タイムス)▲

本島北部、離島でのロードキル問題

沖縄 道路 問題

沖縄本島の名護市より北のエリア、『やんばる』と呼ばれる自然の豊かな地域があります。

ここを中心に生息している国の天然記念物でもあり、絶滅危惧種とされているヤンバルクイナが、時々道路で車に轢き殺されてしまう、という事故が起きています。

また離島の西表島でも、同じく天然記念物のイリオモテヤマネコが、同様に車にはねられてしまう事故も起きています。

自然が多い場所ゆえに、この他にも稀少な生き物が数多く住む沖縄の島々ですから、運転の際は充分注意して、また運悪くはねてしまった場合は、出来る限り適切な処置を取って頂けたらと思います。

もし、ヤンバルクイナをはねてしまったら

万が一、ヤンバルクイナをひいてしまっても故意でなければ、罪に問われることはありません。

迅速な連絡によりヤンバルクイナが助かる可能性が高まります。また、たとえ死んでしまってもその後の事故防止対策に役立てることができます。

ーやんばる野生生物保護センター公式サイトより引用ー

万が一、ヤンバルクイナを轢いてしまった、または轢かれているのを見た際は、以下の連絡先へ連絡をお願いします。

やんばる野生生物保護センター(ウフギー自然館)
電話:0980-50-1025
携帯:090-6862-9170

ヤンバルクイナの交通事故はいつ起こりやすい?

環境省では、2007年5月から2008年4月までの1年間、ロードキルが多発する県道2号線と70号線で、ヤンバルクイナの路上への出現状況を調査しました。その調査結果と、実際に事故が確認された日時を比較すると以下のような傾向がみられることがわかりました。
また、これはあくまでも傾向です。この時期や時間帯だけ注意するといいということではありません。それ以外の時期や時間帯でも実際事故は起きていますので、この時期や時間帯以外でも走行にご注意下さい。

事故が多発する時期及び時間帯
・繁殖期(中でも5月~7月)
繁殖期とは、結婚相手を探し、子供をつくり、育て、その子供が親離れするまでの期間をさします。ヤンバルクイナは、特に子育ての時期に、ヒナを一生懸命育てることに集中しすぎて、道路上へ飛び出してくることが増えてきます。また、親子で連れだって、道路にあらわれエサを探すこともあります。親鳥がヒナやエサに気をとられ、逃げ遅れて自動車にひかれてしまう事故も実際に起きています。

・時間帯は朝方と夕方
ヤンバルクイナは、日の出とともに目を覚まし、おなかのすいたヒナへエサをあげるためせわしく動き回ります。また、夕方にも、寝る前の準備なのか、今夜のねぐらとなる木を探しているのか、せわしく動き回り、道路上へ飛び出してくることが多くなります。

ーやんばる野生生物保護センター公式サイトより引用ー

http://www.ufugi-yambaru.com/torikumi/taisaku.html

▲やんばる野生生物保護センター(ウフギー自然館)公式サイト▲

必ずオプションでも保険に

このように、意外と交通事情がよくない状況がここ何年も続いています。

レンタカーを借りる際に、最低限の保険には加入していることにはなりますが、オプションの追加保険がある場合は迷わず加入しておくことをお勧めします。レンタカー会社にもよりますが、1日500円前後であることが多いようです。

沖縄道路事情のまとめ

・沖縄の道路はアスファルトの材質が異なるので滑りやすい

・那覇市内は渋滞が酷い上に交通マナーはいいとは言えない

・外国人レンタカーによる事故やトラブルが深刻

・自然の多い本島北部ではロードキルによる動物事故が多い

・レンタカーを借りる際は、保険にはしっかり加入しておくことが大事

楽しい旅行にするためにも、レンタカーを借りる際は注意しておでかけくださいね。

以上となります。お役に立てれば幸いです(՞ةڼ◔)☝

関連記事

【沖縄離島記事シリーズ】

ウミガメに会いにいこう!!那覇から日帰りで楽しむ慶良間・座間味島

聖なる島・神秘の久高島を日帰り最速2時間で巡る旅

おすすめ!!竹富島で水牛車とレンタサイクルをお得に楽しもう

【陸マイラー・沖縄関連記事】

沖縄への飛行機代を無料にする陸マイラーのやり方はこちら

ツアーパックの裏技を利用したお得な往復航空券の入手方法はこちら

ANAマイルでさらに沖縄へお得に行く方法はこちら