安全なポイントサイトと危険なポイントサイトを比較検証する

ANAマイルを効率よく貯めていくにあたり、ポイントサイトの利用は不可欠です。しかし、ポイントサイトのシステムがちゃんと知られていないのもあり、怪しいと思われている方は意外と多いのです。

そして、過去に実際にポイントサイトでのトラブルでニュース沙汰になったケースもあり、ポイントサイトのイメージそのものが悪化したこともあります。

ここでは、ポイントサイトについて正しい知識を得るために、基本的なポイントサイトの構造と『良いポイントサイト』と『危険なポイントサイト』に付いて実例を挙げながら検証したいと思います。

ポイントサイトの仕組み

ポイントサイトとは、サイトにある広告やサービスを利用したユーザーに、ポイントという形で還元をするサービスを行うサイトを指します。

日頃見かけるインターネット上にある広告のシステムをご存知でしょうか?

インターネット上にある広告は、その広告が閲覧者に利用されると、広告を設置した人に広告費が支払われます。これを『アフェリエイト』と言います。広告を見て利用した人には何もありませんが、広告をサイトに設置した人は広告費が貰えます。

逆にポイントサイトには広告が集まっており、ポイントサイトを利用すると、ユーザー自らが広告を探して利用したという形になります。

ポイントサイト側は、広告主から受け取った広告費を利用してくれたユーザーへポイントという形で広告費の一部を還元する、という図式です。

ハピタス マイル

つまり、ユーザーへ広告を利用してもらったことで広告費を還元する広告代理店=ポイントサイト、ということになります。

貰ったポイントは現金に交換することも出来ますし、電子マネーやANAマイルの元となる、他のポイントに交換することが出来ます

これが大まかなポイントサイトの仕組みです。

ハピタス マイル

ポイントサイトが取り扱っている広告やサービスの内容は、日頃利用する機会が多い楽天市場やヤフーショッピング、またヤフオクやクレジットカードの新規発行、旅行パックやホテル予約など多岐に渡り、インターネットを利用して購入したり申し込みをするサービスが主となります。

楽天市場を利用する場合を例に、通常通りの楽天市場の購入と、ポイントサイト経由で購入した場合を比較してみます。

通常、楽天市場で商品を購入した場合は楽天ポイントのみとなります。また、クレジットカードを使用すると、楽天ポイント+クレジットカードのポイント、と二重取りまでです。

ハピタス マイル

ポイントサイト経由にすると、ポイントサイトのポイント+楽天ポイント+クレジットカードのポイント、とポイントの三重取りが可能となります。

また、クレジットカードの新規発行でもポイントが貰えます。

ハピタス マイル上の一例として挙げた『楽天カード』の新規発行は、ハピタスポイントとして11,000ポイントとは別に、ちゃんと楽天カード側の特典(新規で7,000楽天ポイント)をもらう事が出来ます。普通に申し込むより相当お得です。

クレジットカードは、一人あたりが持つクレジットカードの枚数はある程度限られ落ち着いてしまう傾向があります。

カード会社各社も、新規でこれからクレジットカードを作ろうとしている顧客に、どうにかウチのカードを選んでもらおう、とTVCMや雑誌などのメディア、街頭キャンペーン、そしてインターネット広告、とあちこちに広告費用をかけています。

普通に郵送で申し込みをしたり、街中での勧誘キャンペーン、直接公式サイトなどで申し込みをしても何も貰えませんが、ポイントサイトを通して申し込むことによって、カード会社が出している広告費の一部を貰うことが出来るわけです。

他にも様々なブランドや業種が広告を出しています。生活に必要なものは一通り揃っているので積極的に利用したいところです。例えANAマイルにしなくてもかなりの節約になります。

ポイントサイトを実際に使ってみると、今までどれだけ損をしたのか…と感じてしまう人は多いのです。

悪質で危険なポイントサイトが起こした事件とは

ポイントサイトの仕組み自体をわかってしまうと、何も怪しいこともおかしな点もなく、ポイントサイトは広告料を還元してくれる広告代理店みたいなものだな、と理解が出来ます。

しかし、時々危険で悪質なポイントサイトが出現し、テレビのニュースでも取り上げられるなど問題も実際にありました。

『パズル&ドラゴン』、略してパズドラ。ご存知の方も多い、スマホを利用した大ヒットソーシャルゲームです。

ポイントサイト 危険

2014年から2015年にかけて、とある悪質なポイントサイトがこのゲームの有料アイテム分のポイントが貰えるという触れ込みで会員にポイントサイト側が指定した様々な広告をユーザーにさせるものの、実際にはポイントを貰うことが出来ない(広告を未承認にしたり、最低交換額が50,000円になっていたり現実的に交換がしにくい条件)ケースが多発しました。

またメールアドレスを登録すると、1日で300通以上の迷惑メールが届くなどという事例もあったようです。

その後もポイントサイトの名前を変えたり、複数のポイントサイトを立ち上げて(最低換金額などの条件が同じ50,000円など類似点が多い)、様々な題材で同じような事を繰り返していたのですが、『牛角食べ放題』のニセ案件を立ち上げたところでついに公の問題となります。

ポイントサイト 危険

悪質ポイントサイトが立ち上げたニセキャンペーン

ポイントサイト 危険

牛角公式からのリリース

ポイントサイト 危険

ポイントサイト 危険

ついにマスコミから取り上げられ牛角を運営する会社からの厳重抗議などにより、結果昨年の2017年にこの悪質ポイントサイトは閉鎖されました。

ポイントサイト 危険

にも関わらず、2018年になってからはサイト名は違うものの、『無料で一眼レフカメラが貰える』などが出ており、Twitterなどで被害報告が出てきています。前出の『パズドラ』や『牛角』と手口は同じです。

ポイントサイト 危険

このように、まとめ風サイトを装ったり、Twitterで拡散するなどしてユーザーを集めるなど、悪質なポイントサイトは身近な場所に潜んでおり、ポイントサイトを利用する側としても決して他人ごとではないのです。

また、よくキャンペーンを行なっている大手のポイントサイトでも『大手で安心』とされながらも、『通帳に反映されない』『条件通り行ったのに無効となった』というトラブルが発生した時の対応があまりにも酷く、コピーメールを延々返信して話が進まなかったり、返信のレスポンスも遅く不快な思いをするケースもあります。

私もその大手ポイントサイトから『調査する』とされながらも1年以上放置されて、度々の問い合わせにも返信もなく今日現在まで放置されており、非常に嫌な思いをしたのでもう使わなくなりました。

安心して利用出来るポイントサイト

現在、私はポイントサイトの利用は『ハピタス』『ちょびリッチ』の2つだけに絞っています。その理由は3つあります。

まず1つは、数多くのポイントサイトへ登録して広告の利用をしても、ポイントが分散してしまい最低交換数に届かなかったり、ANAマイルへ移行するのが大変です。

確かにその都度、数多くのポイントサイトの中から還元の多い広告案件を探して利用するのも一つの手です

ただ、利用した後に他のポイントサイトの方が還元ポイント数が上がってしまって複雑な心境になってみたり、ポイントが反映されたかなどの管理が大変な上に精神衛生上良くないです。

私もかつては複数のポイントサイトに登録していましたが、そればかりになって時間を取られてしまうので絞ることにしました。

2つめは、JIPC(日本インターネットポイント協議会)に参加している企業であること。

健全なポイントサイトの運営を理念として掲げているため、『ハピタス』と『ちょびリッチ』からは不誠実な対応をされたことは一度もありません。

ハピタス 安心

http://www.jipc.jp/

▲日本インターネットポイント協議会公式サイト▲

前項の『悪質なポイントサイト』の後半にも書きましたが、いくら大手で安心と宣伝されていても、不誠実な対応をする会社は実際にあります。

特にハピタスについてはトラブル発生時の対応がものすごく優れており、問い合わせ時のフォームもしっかり作り込まれています。

また、返信も他ポイントサイトよりも断然早く、メールのみで問い合わせをするスタイルが基本のポイントサイトでもレスポンスが早いため、ストレスを感じたことはありません。

3つめは、悪質とされる広告がハピタスとちょびリッチには掲載されていないこと。

月有料契約サービスをポイントサイトから申し込むとポイントが貰える、という広告があります。

もちろん、ほとんどがちゃんとしたものであるのですが、中には解約が出来ない、解約しようとしても解約する部分にたどり着きにくい悪質なものもあります。

『ハピタス』と『ちょびリッチ』では、この手の広告を取り扱っていないので安心して利用出来ます。

ちなみに、他ポイントサイトでこのような広告を利用してしまい、解約が出来ず困った場合は『解約ナビ』などのサイトを利用して調べると解約方法が載っていますので、利用するとよいでしょう。

https://kaiyaku.jp

▲解約ナビ▲

イメージは想像であり現実ではない

私もポイントサイトを知人に勧めた時に『は…はぴたす?何それ?ポイントサイトってヤバいやつでしょ?』と反応されて、うまく説明出来ずに残念な思いをしたことがあります。

日頃マイルを貯めていたり、節約主婦の方々にとっては当たり前のように利用をしているものであっても、やはり最初の印象というものは怪しい儲け話のように聞こえてしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

実際のところは単なる広告費の還元、という一言で終わってしまうシステムですが、勧める側も『儲かる』という話し方で勧めている光景を目にしていると、そりゃうさんくさく感じてやらないよな、と思うこともあります。

かといって他人に無理に勧めるものでもありませんし、逆に全ての人が使ってしまったら、当然ながら広告還元なんて下がってしまう可能性だってあります(それはそれで会社同士の顧客取り合い合戦で還元が上がるかもしれませんが)。

ポイントサイトはマイルを貯める以外でも価値がある

ただ、『出て行くものをさらに下げて、入って来るものを増やす』というのはマイルを貯めるということに限らず、実際に店舗と違いコストがかからないインターネット通販を利用して安く購入し、そこへ広告利用での還元で実入りを増やすわけですから、それだけ手元に残る金銭の幅があり、そのぶん他の色々なことが出来るようになるわけです。

当たり前ですがお金が最初にかかる話でもありませんし、単に広告を利用すると広告費が還元されるという単純な仕組みを理解するだけで大きく変わってきます(振り込みをしてもらう以上、簡単な登録だけは必要です)。

たった1%の還元だから別にいいよ、という方もいるかもしれません。

ただ、年間いくら支出がありますか?例え300万円だとしたら1%は3万円、それが何年もになれば、20年としても60万円です。1%をないがしろにするということは、60万円を捨てながら生きているようなものです。

もちろん1%以上の還元がある広告はたくさんあります。ポイントの二重取り、三重取りを行うと、実際損をした金額はさらに上となるはずです。

『ものを買う』という行動は誰もが一生続きます。

安全なポイントサイトと危険なポイントサイトのまとめ

ハピタスは広告の取り扱い件数がかなり多く、インターネット通販はアマゾンを除きほとんどがあります。

ちょびリッチはハピタスと同じ広告で比較させて、高い方を利用するという点と、抽選でポイントがプレゼントで貰えたり、飲食モニターをして還元されるなどの外食でポイントを貰うことが出来ます。

どちらもポイントを現金や他の電子マネーへ交換する際の最低交換金額は低いため、気軽に交換が可能です。

登録もすでにyahooやFacebook、googleなどのアカウントをお持ちの方は登録情報をそのまま利用出来ますので、入力箇所が少なく簡単になり安心です。

なお、ハピタスやちょびリッチへの登録ですが、各ポイントサイトのトップページより登録をするよりも、既存ユーザー紹介で登録をすると、最初に少額ではありますが紹介特典ポイントを貰うことが出来ます。

下のバナーを通して登録すると紹介の扱いとなり特典ポイントの対象となりますので、ハピタス&ちょびリッチへ登録を希望される方はよろしかったら下のバナーから登録画面へお進み下さい。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

▲ハピタスはこちらから▲

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

▲ちょびリッチはこちらから▲

お役に立てれば幸いです(՞ةڼ◔)☝

関連記事