タバコでポイント還元!!年2,500マイル獲得する方法【喫煙者限定】

【※今回の記事は喫煙者の方が対象の記事となります。非喫煙者の方には申し訳ありません】

さて、自分も喫煙者です。ちょっと喫煙者って今の世の中的には肩身狭いですよね。それは時代の流れ的に仕方がないのですが・・・

さっそくお尋ねしたいのですが、普段のタバコの購入はどちらで買われているでしょうか?どこで購入しても値段は一緒なだけに『無くなり次第コンビニや自動販売機で』という方が多数だと思いますが、実はこれもちゃんとしっかりマイルになるのです。

ゆる系陸マイラーにとって、お金を出すものには全てマイルがついてこないともったいない!!ということで・・・

今回はタバコを買う場所、買い方を変えるだけで年間2,500マイルを貯めることができる方法を書いてみたいと思います。

なぜタバコにはポイントがつかないのか

タバコ マイル

Tポイントやnanacoなどのポイントに共通していることが『タバコ・切手などはポイント対象外』というルールがあります。これは、タバコが『たばこ事業法』という法律で、タバコの小売の価格とそれに含まれる税金の額が決まっているためです。

ポイントは商品を購入したことによるお店側からの還元特典となるため、購入することに対して還元となるポイントを付けることが出来ない(還元が出来ない)ということが理由になります。

支払い方法によって違う

cardlogo

ところが、クレジットカードでタバコの支払いを行うと、クレジットカード側にはポイントが付きます。同じタバコを買っているにも関わらず、なぜポイントが付くのでしょうか?

これは、ポイントの提供がお店ではなく、カード会社側にあることが理由です。商品のおまけとして店舗側がポイントを提供することは出来ませんが、カード会社が利用者に決済の特典としてポイントを付与することには制限がないためです。

よって『本来ポイントが付かない』とされているタバコでも、ポイント=マイルを獲得することが可能なのです。

ANAマイルプラスを活用する

タバコ マイル

大手のコンビニ、セブンイレブンは『ANAマイルプラス』の提携店舗です。

『ANAマイルプラス』は、クレジットカードのANAカードで商品の支払いをすると、100円=1マイルのANAカードのマイルに加えて、200円=1マイルのボーナスマイルがプラスされます。

つまり、セブンイレブンでの購入にANAカードを利用すると、200円あたり=3マイルの還元となるのです。

よって、本来ポイント=マイルが付かないタバコでも、セブンイレブンの購入であればしっかりとマイルを獲得出来ます。

金額は100の位に合わせる

カードの基本ポイントは100円ごとに加算されます。それ以下の10円、1円の位は端数として切り捨てになります。

例を挙げてみます。

460円のタバコ1箱を購入=4ポイント、マイルプラス2マイル

460円のタバコ10箱(カートン)で購入=46ポイント、マイルプラス23マイル

1箱を10倍してみるとわかりますね。カードポイントは40ポイントにしかならず、6ポイントの差が発生します。ANAマイルプラスは3マイル差です。

よって、1箱ずつ購入するよりも、10箱のカートン単位で購入すると10円の位の端数が発生せず、ポイントの取りこぼしがありません。

さらに、『ANAマイルプラス』を意識すると、こちらは先ほど200円ごとに1マイルのボーナスマイルが加算される、ということを説明しました。

こちらのマイルプラスも、200円に満たない金額へのマイルは全て切り捨てとなります。

こちらも例を挙げてみます

・450円のタバコ10箱(1カートン)を購入=

カードポイント45ポイント、マイルプラス22マイル

計1カートンあたり67マイル

・450円のタバコ20箱(2カートン)を購入=

カードポイント90ポイント、マイルプラス45マイル

計1カートンあたり67.5マイル

僅かな0.5マイル差ではありますが、2カートン購入した場合が多く貰えることがわかります。

このことから、100円の位は必ず『偶数』に合わせると全く取りこぼしがなく獲得出来ます。微々たる差ですが恩恵は最大限に受けるべきでしょう。

これにより、タバコを1日1箱を購入している方は、この方法を利用した場合は年間で約2,500マイル獲得することとなります。

クオカードはなぜ使えないのか

タバコ マイル

これはマイルとは全く関係のない話となりますが、前払い式プリペイドカードの『クオカード』があります。このクオカードも、タバコの購入は出来ないことになっています。

その理由が、クオカードを10,000円購入すると、10,170円と170円のプレミア部分が付きます。

このプレミアが付加価値部分とされ、クレジットカードと同じ『支払い側』の特典なのにこちらは利用が出来ない、ということになっています。

クレジットカードの場合は『後払い』でプレミア部分が無いことが理由だそうで、前払いで先に特典が付いているものはNG、後払いで後から特典が付くのはOKというのも、また面白いものです。

なお、プレミアがない500円や1,000円のクオカードなら問題なさそうですが、クオカードのルール上一括してNGとなっています。

まとめ

タバコ マイル

・タバコはセブンイレブンにて、クレジットカードのANAカードで購入するとマイルを獲得することが出来ます

・購入はカートン単位がマイルを切り捨てられることなく貰うことが出来ます

ANAマイルプラスは200円ごとのため、100の位は偶数になるように購入すると、さらに取りこぼしはありません

以上、お役に立てれば幸いです(՞ةڼ◔)☝

関連記事