特典航空券の裏技!!夏休みの沖縄を15~35%オフで往復する方法

マイルを貯めて利用できる国内線のANA特典航空券。東京↔︎沖縄を利用した場合、レギュラーシーズンで片道9,000マイル、往復で18,000マイルとなります。

ところが東京から沖縄をレギュラーシーズン、ハイシーズン問わず、往復で一律15,000マイル、15%引きで乗れてしまうという技があるのでご紹介したいと思います。

同じ方法でハイシーズンの必要マイル数が往復23,000マイルの宮古や石垣も同様に、往復15,000マイル、35%引きで乗ることが出来るのです。

実は結構陸マイラーでは知られているお得な技の一つなので、知識として知っておくだけでも損はありません。



特典航空券は国内線は片道、国際線は往復のルール

国内線特典航空券は原則片道ずつ、国際線は必ず往復というルールがあります

ここでまず、国際線特典航空券の説明をさせてください。『沖縄や石垣って日本でしょ?なんで国際線?』と思うかもしれませんが、この説明が重要となってきますので、少々お付き合いを。

では、まずANAの国際線特典航空券の概要から見てみます。

提携航空会社特典航空券図のように、国際線特典航空券の必要マイル数はゾーン別に別れています。ZONE2から10まで別れており(1は日本)、それぞれ東南アジア、北米、ヨーロッパのようにエリア別で必要マイル数が区切られています。

韓国ソウルだけ唯一、ZONE2の区分で必要マイル数が少ないゾーンです。レギュラーシーズンにエコノミークラス利用でANAで日本とソウルを往復した場合の必要マイル数は15,000マイルとなります。国内線の東京⇔札幌、福岡のレギュラーシーズンの必要マイル数と同じです。

提携航空会社特典航空券

国際線特典航空券は上にあるスターアライアンス加盟各社での利用も可能となります。これを『提携航空会社特典航空券』といいます。簡単に言えばANAマイルで提携している他の会社に乗れる、ということです。

『提携航空会社特典航空券』はANA国際特典航空券と違いシーズンの区別がなく、年間一律のマイル数で利用が出来ます。

『ANA国際線特典航空券』と『提携航空会社特典航空券の違い』

ANAの特典国際線航空券は、このようなルールになっています。

提携航空会社特典航空券

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/award/int/usage.html

▲ANA国際線特典航空券概要(公式サイト)▲

日本発、日本着となるANA特典航空券では途中降機(24時間を越える滞在)は出来ません。

続いて『提携航空会社特典航空券』のルールを見てみます。

提携航空会社特典航空券

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/award/tk/zone.html

▲提携航空会社特典航空券概要(ANA公式サイト)▲

提携航空会社特典航空券の方が、日本発であっても往路・復路のどちらかで途中降機、24時間を越える滞在が1回に限り可能となっていて、この点がANAと違い柔軟なルールになっています。

これを活用して以下の旅程を組んでみます。

往路で途中降機

東京→沖縄(途中降機)→ソウル→東京

復路で途中降機

東京→ソウル→沖縄(途中降機)→東京

東京から沖縄への単純な国内線往復とせずに、沖縄経由のソウルとすると、15,000マイルで済んでしまう必要マイル数の逆転現象が発生します。

ではさっそく特典航空券を予約してみます。

提携航空会社特典航空券もANAから直接予約可能

普段使っているANAアプリからちゃちゃっと予約を入れてみました。

提携航空会社特典航空券

日程は、夏休みも始まった7月23日に出発をすることにします。

くどいようですが、『国内線特典航空券予約』ではなく『国際線特典航空券予約』です。東京⇔ソウルの単純往復ではなく、沖縄経由にするために【複数都市・クラス混在】を選択し入力していきます。こんな感じです。

続いて復路。

提携航空会社特典航空券

上の区間2と続けて入力します。7月26日に沖縄から東京に戻る旅程です。これで沖縄の滞在は3泊4日になります。続けて操作を進め便を選択していきます。旅程が確定しました。こんな感じです。

提携航空会社特典航空券 沖縄 ソウル

【往路】

6:10東京(羽田)発→ソウル8:35着。いったん韓国へ入国しますがすぐ出国、ここまでが往路です。

【復路】

ソウル12:30発→福岡13:50着。日本に帰ってきます。わずか7時間の海外です。

お気付きの方もいるかと思いますが、ここまでの『日本⇔ソウル』間の利用航空会社はアシアナ航空です。この部分が【提携航空会社】の利用となります。

提携航空会社特典航空券

福岡では復路、つまり帰りの乗り継ぎ扱いです。途中2回まで乗り継ぎ可能でしたね。これが1回目です。

福岡18:00→沖縄19:40着。東京を出てから13時間かかっていますが、沖縄へ着きました。

便の選択によってはもっと短くすることも可能です。この沖縄で途中降機(24時間を越える滞在)をして、4日間滞在後の7月26日、東京へ戻ります。

一番下の必要マイル数に注目すると、必要マイル数は15,000マイルになっています。

国際線利用のため、燃油サーチャージや出国税などが別途必要にはなりますが、通常必要マイル数から比較すれば3,000マイル引きで利用できています。

そして、提携航空会社特典航空券はANA特典航空券のように、レギュラーシーズン、ハイシーズンなどのシーズンの区切りがありません。よって、便さえ取ることが出来ればハイシーズンに利用することが一番得になります。

ハイシーズンの東京⇔石垣を『国内線特典航空券』で取れば23,000マイル必要ですが、このルールを当てはめて取れば15,000マイルで済むことになり、その差は8,000マイル変わってきます。

そして今回は東京と沖縄を往復する、という例ですが、もちろんソウルが目的地となるため滞在可能です。

沖縄に行った後韓国旅行をする、なんてことも当然出来ます。

提携航空会社特典航空券のメリット

国内線の特典航空券は2ヶ月前から受付(※2018年10月28日からはルールが変わります)ですが、この方法は『国際線の特典航空券』のルール(あくまでも沖縄は帰りに立ち寄っている)になることから、355日前から発券が可能となります。

よって、国内線の開放日である2ヶ月前まで待って『取れない・・・(涙)』という最悪の事態は防げます。

さすがに1年前から沖縄旅行を計画する方はいないとは思いますが、早く取ることが出来るという点ではメリットとなるでしょう。

まとめ

・普通に国内線特典航空券を取るよりも、ソウル経由の提携航空会社特典航空券はマイルが少なくて済む

・ただし、いったん海外に出国する必要があるのでパスポートが必要

・もちろん、航空券上はソウルが目的地となるためそのまま韓国旅行も可能

・往路、または復路で飛行機の乗り継ぎ回数が多いので疲れます

というわけで、簡単ではありますが「国内線の必要マイルより少ないマイルで沖縄旅行をする方法」でした。

 

お役に立てれば幸いです(՞ةڼ◔)☝

関連記事